ラット/マウスOCTアッセイキット

はじめに

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)およびアルコール性肝障害(ALD)は病理所見が類似しており、いずれも発症にミトコンドリア障害が関与するとされています1)。そこでヤマサ醤油では、肝臓ミトコンドリアに局在し肝臓ミトコンドリア障害のマーカーとして有用とされているオルニチンカルバミルトランスフェラーゼ(Ornithine Carbamyltransferase、OCT)に着目し、モノクローナル抗体を用いたラット/マウスOCT定量ELISAを開発しました。本ELISAにて肝障害モデルラットの血中OCT濃度について検討した結果、薬剤誘発肝障害モデルラット2)3)、NASH4)およびALDモデルラット4)において、OCTが細胞質由来マーカーであるAlanine aminotransferase (ALT) やAspartate aminotransferase(AST)より有用な肝障害マーカーであることが示されました。具体的データなど詳細はこちらをご覧ください。
本ELISAをキット化して製品としたのが、ラット/マウスOCTアッセイキットです。ラットおよびマウス血清中のOCTを定量できます。

キットの特徴

●96穴マイクロプレートによるELISA法です。
●測定に必要な反応時間は一次反応1時間、二次反応1時間、発色反応30分です。
●ラットおよびマウス※1血清中のOCT測定を可能です。※2
※1:標準液はラットOCTです。マウスOCTはラットOCT相当量として算出されます。
※2:試料は希釈して測定して下さい。詳しくは「測定上の注意」をご参照下さい。

測定原理

2種類のマウス由来モノクローナル抗OCT抗体を用いたサンドイッチELSIAです。

製品内容

●製品コード:80127
●本製品1キットに含まれる構成品:

構成品名 容量 数量
抗体固相プレート 96穴マイクロプレート 1
OCT標準液1 (0ng/mL) 0.05mL 1バイアル
OCT標準液2 (30ng/mL) 0.05mL 1バイアル
OCT標準液3 (100ng/mL) 0.05mL 1バイアル
OCT標準液4 (300ng/mL) 0.05mL 1バイアル
希釈液 50mL 1バイアル
洗浄原液(10倍濃縮液) 50mL 1バイアル
酵素標識抗体 0.15mL 1バイアル
発色液A 6mL 1バイアル
発色液B 6mL 1バイアル
反応停止液 11mL 1バイアル

●貯蔵方法:2~8℃
●有効期間:製造日から6ヶ月
●希望小売価格:143,000円

測定方法

<測定方法概要>

抗体固相プレートに標準液または検体を 100μLずつ分注
↓    1時間、静置、20~30℃
反応液を除去後、調製済み洗浄液 300μLを各ウェルに分注
↓    同操作を3回繰り返す
反応液を除去後、調製済み標識抗体 100μLを各ウェルに分注
↓    1時間、静置、20~30℃
反応液を除去後、洗浄液 300μLを各ウェルに分注
↓    同操作を3回繰り返す
調製済み発色液 100μLを各ウェルに分注
↓   30分、静置、20~30℃
反応停止液 100μLを各ウェルに分注
各ウェルの450nmでの吸光度を測定する
 oct_standaerd_curve

 

測定上の注意

(1)ラットおよびマウス血清共に添付の希釈液にて希釈して測定して下さい。共に11倍希釈が目安です。測定範囲以上の濃度を示す試料ついては、適宜希釈して下さい。
(2)キットに用いている抗体は、ヒトOCTにも反応するため、ヒトOCTも検出可能ですが、ヒト試料での詳細な検討は行っておりません。
(3)その他ご不明な点は、診断薬営業情報室までお問い合わせ下さい。

参考文献

1. Pessayre D et al. (2005). J Hepatol. 42. 928-40.
2. Murayama H et al. (2007). Clin Chim Acta. 375. 63-68.
3. Murayama H et al. (2008). Clin Chim Acta. 391. 31-35.
4. 村山 寛 他: 第36回 日本トキシコロジー学会
5. Furihata T et al. (2016). Drug Metab Pharmacokinet. 31. 102-105.